danjyo tunahiki年の差婚ってちょっと憧れませんか?
例えば、20代の女性が40代の男性と結婚するケース。
逆に、20代前半の男性が30代の女性と結婚するケース、などなど。

皆に「いいなー」って思われる半面、同い年の人に相手にされないから?と言う意見もあります。厳しい意見ですがわかる・・・

一般的に、7歳以上離れていると、離婚の確率が高くなると言われています。
なのにあえて10歳以上離れている人と結婚するのってなぜ?
もちろん、お相手に惚れて好きになったのは間違いがないでしょうが
一方で、年相応の時に婚活市場で余ってしまった、とも言えます。

例えば、40代男性の場合。
周りが結婚する30歳前後でいい相手に巡り会わず、結局40代に。
でも「自分は余った」なんてプライドが許さない。
だから思いっきり年下の女性を探す。そして周りの同年代の既婚男性に
「うらやましいだろー」という態度を示すんです。

また、40代女性の場合。
周りが結婚して出産しているのに、自分はひとりもの。
でもそれを否定すると、自分の人生を否定することになる。
だから思いっきり若い男性を捕まえて「ヒモでもOK」とする。
または、50歳以上の人と一緒になって悠々自適な人生を送る。
自分が結婚適齢期・出産適齢期に余ったなんてプライドが許さない。

とにかく同年代の子に「自慢したい」から入るのが常なんです。

otoko siniaここ数年で50代以上の婚活が大変盛況だと聞きます。50代以上になると、定年も近くなるし、女性も男性も「新しい家庭を築いて子供を望む」ということはなくなるからです。

男性女性共に、今までシングルで生きてきて、気付いたらこんな年。
若い人が考える婚活ではなくて、シニア層でパートナーを求める方は大幅に増えています。

また、パートナーに先立たれた方も婚活市場には多いと聞きます。
シニアになって、一緒に笑いあえるパートナーがいるということは生きる活力にもなりますし認知症・介護の予防にもなります。
シニア層には若いころと違って、ゆったりのんびりと時が流れて行きます。
そんな中で、あわただしい生活ではなく、一緒にゆったりと老後を楽しみたい男女は増えています。

ただ、今までの生活をなかなか変えられないのがシニア層の悩み。物事に臨機応変に対応出来なかったり、新しいものを受け入れるのに時間がかかったり。なので家の中のことや習慣でぶつかることが意外に多いのがこの年代。

お互いを尊重し、理解することを忘れずに生活しましょう。そんなことも「この人の魅力の一つ」ととらえる器の広さがシニアの良い所なのです。

まだ若いつもりの男性は、自分に合う相手は20代の若い女の子ではなく、同年代の女性だと気づいて下さい。

まだ若いつもりの女性も、「20代の子に負けない」ではなく、年相応にお相手がいるもの、ということを理解しましょう。

tyuunenn otoko40代男性がモテル・・・それは阿部寛さんや西島秀俊さんや福山雅治さんに代表されるように「超イケメン」「有名人」「お金持ち」の人。ごくわずかの一部の人に過ぎません。

一般的な40代男性がモテる、ということはあまりないのが現実なのです。
だから「彼らも結婚出来たんだから自分も」とあまり思わない方が良いでしょう。

実は、婚活中の女性は40代の男性は視野に入っていないとも聞きます。
そう、異性として見られていないのだとか。実に悲しい現実です。

ただ、ごく一部で35歳以下の若い女性が40代以上の男性を望んでいる、というデータもあります。彼女たちは夫に「お父さん」のような愛情を求めています。
長い人生経験から、色々なことをアドバイスできるし、理解してくれます。

40代男の見せどころは「懐の深さ」「器の大きさ」40代で婚活するのならば、これらを前面に出しましょう。

ただ、40代男性の婚活は多くは、一般の結婚よりも「シニア婚」に近い、ということを念頭に置いておきましょう。だから35歳以下の若い女性をターゲットにしても、もっと若い男性がさらって行ってしまうので、対象年齢をもっと上にあげましょう。

自分と同じ位の、40歳以上の女性なら、たくさんいます。なぜなら、「出産リミットを過ぎた女性」は子供を望む男性から一斉に相手にされなくなり、余っているからです。

言わば、余っている40歳以上の女性をターゲットにすれば、まだカップルになれる
確率は高くなります。

onnna megane40歳を過ぎても、30代前半のつもりで婚活をしている女性・・・
これは一番イタイ。あなたは年齢以外変わっていないかもしれませんが
その年齢っていうのが、婚活において一番重要視されるポイントなんです。

「結婚に年齢なんて関係ない」とか「20代の子より私の方がきれい」とか
世の中には40代独身女性を評価する方もいますが、それはあなたに気を使っているだけです。

はっきり言って、40歳を過ぎたら、若い頃の婚活方法が全く通用しないと思って下さい。
40代女性は、同年代で50歳未満の男性を希望しています。
ですが、40代の男性は、35歳以下の女性を望んでいます。
なぜか。それは、20代から40代の婚活中の男性は、8割程度子供を望んでいます。
40歳を過ぎたあなたが普通に妊娠して出産できる確率は極端に低いのです。

だから、40代女性はモテません。はっきり言います。
もちろん美人で仕事も出来て魅力的な女性はたくさんいます。
いくらスペックが高くても、40代であることには変わりありません。

まれに「子供は考えていない」という同年代の男性がいます。
早い所手に入れないと、すぐに見つけられて売れてしまいます。

では、結婚するにはどうしたら良いのか?
それは「これ以上ない位に妥協をする」ことです。

ターゲットを50歳以上にしましょう。そして、穏やかな老後を一緒に送るパートナーという関係性を求めましょう。

もはや相手を選ぶ権利なんてありません。相手に選ばれましょう。
妥協を取るか。一生独身をとるか。堪えは明白ですよね!

higr otokoもしあなたが定職についていて、安定した収入があるのならばすぐに婚活を始めましょう。

女性は結婚を考える時、男性スペックを重要視します。
いくらイケメンでも将来性についてノビシロが感じられない男性は全くもてません。
女性は安全に子供を産んで育てたい、という願望があるため、それなりの経済力を求めます。年収と社会的地位は、婚活中の女性が最も重要視するスペックなのです。

30代男性というと、仕事である程度の地位に就き、やりがいが感じられてきた頃でしょう。年収だって安定してくる時期。こんな男性は婚活市場において超売り手なんです。
また、女性が子供を産む年齢を考えると、子供に最もお金がかかる18歳から22歳の時に定年を向かえてしまうと、経済的に不安があります。
幼稚園の運動会で「あれ、おじいちゃん?」なんて間違われる、という話もちらほら。
だから、35歳前後の男性がギリギリもてるのが納得できます。
しかも、婚活中の女性の年齢層は30代が最も多いとされています。
かつ、年の差について、約半数の女性は出来れば3歳以内が理想、と考えているとのこと。

まだまだ「一人が楽しい」「自分の給料は自分のために使いたい」という30代男性。
分かる気はするのですが、婚活市場においてモテキを逃すなんてもったいないことです。

迷ったら行動に移す。これこそ婚活成功の秘訣です。

onnna naku30代・・結婚という言葉を強く意識し、本当に焦り出すのが30代と言われています。
まず20代の女性には絶対に勝てないと思った方が良いでしょう。だから20代の女性には無い魅力を付けましょう。

それは大人の落ち着きであったり、仕事での評価や年収であったり、家事が得意だったり・・・
今の男性は自分一人の給料では嫁や子供が養えないことを理解しています。
よって、手に職を持った女性や、仕事が順調な女性は人気があります。そこはぐいぐいアピールして良いポイントです。

25歳女性が言う「私、料理が苦手なんです」と
35歳女性が言う「私、料理が苦手なんです」は全く違います。

30歳を過ぎたら 「できない」=「かわいい」ではありませんので誤解をしないように!
また30代女性には「出産のリミット」という問題が絡んできます。これがまた厄介。
未婚の男性は約8割が「結婚したら子供が欲しい」と考えています。しかも二人欲しいという男性が圧倒的。

だから男性が希望する女性の年齢は、圧倒的に35歳以下が多いのです。
現代において、10組に1組のカップルは不妊と言われています。治療を始めるににも若い方が断然有利なのは周知の事実。

ここで今、31歳のあなた。今すぐ婚活を始めて下さい。今から始めないと、子供を望む男性から声がかからなくなります。

そして39歳のあなた。同年代の男性だけではなく、50代、60代と子供にこだわりが無い方も視野に入れましょう。

otoko tabako irasuto20代の男性が婚活するならば、若さを売りにすることはもちろんですが若さだけじゃ女性が寄り付かないのが事実。

はっきり言って女性は結婚相手に「スペック」を求めます。そう、収入や地位が最も大切。
だから一定の社会的地位について、年収も高い30代40代の男性に勝とうと思ってもちょっと難しいのが現実。

そのために、「自分はまだまだ収入も社会的地位も低いですが・・・」と割りきって婚活しましょう。

そこでおすすめなのが「夢を語る」こと。「今はこういう仕事に就いていているが、将来こういうことをやりたいから勉強中なんだ、とか。
そんな姿に女性は「一緒に夢を追いかけたい」と思うかもしれません。若くて夢を持った男性はとても魅力的に映るものです。
また、ちょっと極端な言い方ですが、ある程度のルックスで、あまり仕事に自信が持てない、あまり仕事が出来る方じゃない、という男性は、早めの20代のうちから婚活をするのがおすすめ。

ルックスが抜群でも40代の夢追い人だったら女性は寄り付きません。そういう男ははっきり言って地雷です。早く自分の器量を認識してくれ!と思ってしまいます。

若さゆえに、夢を持っていて、カッコ良くて。あなたのネガティブな要素を「若さ」がカバーしてくれますので女性が一般的に求める「年収」「地位」に自信が無い方ははやめに若いうちから婚活を始めましょう!